TEL

院長のひとりごと

走る競技

2017.12.01 | Category: スポーツ障害,小・中学生のスポーツの怪我,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

こんにちは!

 

シンスプリントとは何だと思いますか?

走ることが多いスポーツを行っている学生に多く、運動時や運動後に下腿の内側に痛みが起こるものを「シンスプリント」と言います。また、過労性脛部痛ともいいます。

 

原因としては、反復するランニングやジャンプによりすねの内側に刺激が加わることにより、足首や足の親指で地面を蹴る筋肉が、下腿の骨膜を引っ張ってしまい炎症が起こるためと言われています。

 

練習量や方法が変わったり、多くなったりすることにより、負担がかかるため起こりやすくなります。

また練習方法の動作などに問題があることも要因の一つになります。

 

扁平足と言って土踏まずがなく、平らになっている人にもなりやすいといわれています。

また、靴の外側がすぐすり減る人は、足関節が回内足になっている可能性があります。

 

走る場所も影響してきます。

固い地面を走ると起こりやすくなるため、舗装された道路でのランニングは誘発する可能性が高くなります。

 

ストレッチや運動を始める前のウォーミングアップで身体を温めてから練習を行うことがベストです。

終わった後はアイシングをしっかりしてください。

ケアが大切です!

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、治療を行いながら、テーピングをまいたり、運動療法も行っています。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日