TEL

院長のひとりごと

普段の姿勢や動作で

2017.12.08 | Category: ヘルニア,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

こんにちは!

 

みなさんは、腰痛はありますか?

腰痛のほとんどが、日常生活における何気ない姿勢や動作によって引き起こされるといわれています。

 

普段から、痛くならないように気を付けている方もいるかと思いますが、痛みがずっと続く場合は、腰椎椎間板ヘルニアを疑う必要があります。

この疾患は、椎間板にあるゼリー状の髄核が後外方に飛び出してしまうことをいいます。

年齢とともに椎間板も変形してきます。また、腰を前に曲げることによって痛みが出てしまいます。

 

腰への負担を日頃から減らすように工夫し、腰痛の発生の回数を減らすことが椎間板ヘルニアを防ぐ方法になります。

また、すでに椎間板ヘルニアを経験された方の再発防止にもなります。

 

椎間板ヘルニアの予防と再発防止には、ストレッチをしたり、体重の増加に気をつけたり、筋力を強化することなどが大切になります。

 

座る動作でも、あぐらは正座や横座りより腰に負担がかかります。

椅子に座る場合、椅子が高すぎると負担がかかるので膝関節が股関節よりやや高めになるよう調節します。

座っている方が腰の負担は少ないと思いますが、実は、立っている方が負担は巣少ないのです!

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院で、ヘルニア治療をしませんか?

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日