TEL

院長のひとりごと

お尻の筋肉の症状

2018.01.29 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

「梨状筋症候群」という疾患をご存知ですか?

梨状筋症候群とは、腰殿部に起こる痺れや感覚異常がある疾患です。

 

原因としては、坐骨神経が生理的狭窄部位である梨状筋部で圧迫を受け起こります。

腰椎椎間板ヘルニアとの鑑別診断が必要といわれてます。

 

梨状筋とは、尾骨の上にある三角形をした仙骨と大腿骨の付け根にある大転子とをつないでいる筋肉です。

 

梨状筋症候群を起こす条件があります。

・梨状筋におけるトリガーポイントからの関連痛

・大坐骨孔における梨状筋によって神経や血管が圧迫されるため

・仙腸関節の機能障害

があげられます。

 

症状としては、痛みや知覚異常、痺れなどです。

座った姿勢、腰を長時間曲げて同時に内転・内旋させた状態を続けることや、活動などにより悪化してしまいます。

 

ご自身で出来るストレッチをご紹介します。

まず仰向けで寝ます。

痛い方の膝を曲げ、反対側の膝の横に足を置きます。脚を寝た状態で組んでいる感じになります。

痛い方と逆の手を曲げた太もものところに置き、痛い方と同じほうの手は骨盤に置き、両手で圧力を加えストレッチを行います。

はじめ太ももに置いた手を押し戻すようにして息を吸います。

次に力を抜いて大腿部を息を吐きながら内転させ梨状筋を徐々に伸ばしていきます。

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、このほかにも運動の仕方や、ストレッチ方法をお伝えしています。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日