TEL

Blog記事一覧 > 交通事故,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町 > 物損事故でも痛みがでる場合があります

院長のひとりごと

物損事故でも痛みがでる場合があります

2018.01.30 | Category: 交通事故,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

交通事故の過失割合とは、発生した交通事故に対する責任(不注意や、過失)の割合のことをいいます。

 

当事者双方に過失のある事故の場合、通常は当事者が契約している保険会社の担当者が話合い、過失割合を決定します。

この話し合いの基準になるのが、過去の裁判例になります。

実際の事故と類似した過去の裁判例を基準として、実際の事故状況に応じ、割合を修正しながら決定します。

裁判例には基準があるため、契約する保険会社などにより過失割合の交渉が有利・不利になるということはありません。

 

歩行者と自動車との事故についてです。

例えば、「歩行者が青信号で黄疸を開、自動車が赤信号で交差点に侵入した場合の過失割合」のときは、横断歩道上に歩行者がいる場合、車は横断歩道等の直前で一時停止し、その通行を妨げてはいけないと定められています。

青信号で横断を開始した横断歩道上の歩行者には、原則としてどのような状況であっても過失はありません。

そのため、赤信号無視の自動車に100%の過失があるといえます。

 

弁護士に相談するときは当院でも紹介することがきます。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院に是非一度ご相談ください。

 

交通事故には、人身事故のほかに「物損事故」というものがあります。

どのような事故なのでしょうか?

 

ご紹介していきたいと思います。

 

交通事故を起こしてしまった時、この後どうしたらいいの?

と思う方は多いと思います。

 

まず、物損事故とは、けが人が出ず、車などの物のみが壊れた交通事故のことをいいます。

物損事故の加害者は飲酒運転や速度超過などが原因でない限り刑事責任や行政責任を問われることはありません。

事故になるので、警察への通報は必ず行ってください。

 

物の中には、ガードレール、家屋、電柱、縁石、フェンスなども含まれます。

 

人的被害のない物損事故や自損事故は、行政処分上は無事故扱いになります。

また、人身事故がない通常の物損事故では違反点数は加算されません。

 

ゴールド免許の方が起こしても、それだけでは違反点数はつかないということになります!

また、反則金も科せられることはありません。

しかし、車だけが損傷しただけでなく、人もケガを生じた人身事故でないことが前提となります。

 

交通事故を起こした直後は居たくなかったけど少し時がたってから痛みがでてきたケースの場合、人身事故に切り替えます。

この切り替えがないと

・原則、自賠責保険から治療費や慰謝料などを受け取れない

・物件事故報告書という簡易な書類のみで実況見分調書が作成されず、事故状況につき争いが出てきた場合に困ることがある

・自賠責保険が使えても、軽微な事故とみなされて、治療の終了時期の判断や後遺障害の認定で不利に働くことがある

ことが出てきます。

 

この切り替えには、期限はありません。

警察は業務上過失致死傷罪で調査をする必要があるため、同伴の事項の問題はありますが、切り替えに関しては問題となることは少ないです。

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、交通事故後の治療を行っています。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日