TEL

院長のひとりごと

細かい動きが必要です

2018.02.08 | Category: スポーツ障害,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

卓球をしていてケガをしてしまったというご経験はありませんか?

 

今回は、卓球のケガの中でおおいといわれている「膝」のケガについてお話ししていきたいと思います!

 

卓球は英語で「table tennis」と言われています。

そのように言われているだけ、狭い場所で行っているため激しく、細かい足の動きが大切になってきます。

 

膝関節は、身体の体重を支えているところでもあれば、スポーツをするときの中心となるところでもあります。

 

膝にケガには靱帯断裂や半月板損傷などの大きなケガにつながってしまうこともあります。

靱帯は骨がずれないように抑えてくれる役目をしています。

フットワークをしているときに膝が内側に入ってしまうことがありあります。

その時に、前十字靭帯や内側側副靱帯を損傷してしまうことがあります。

長年同じ動きをしていると靱帯に負荷がかかることも原因と言われています。

 

半月板損傷は膝のクッションの役割をしています。

内側半月板と外側半月板があります。

内側半月板の方が外側半月板よりも損傷頻度が高いです。

膝をまげる角度によって損傷する部位が変わってしまいます。

一番多いのは真ん中といわれています。

 

膝をケガしてしまうと、痛みのためと治療のために、しばらく卓球ができなくなってしまいます。

そうならないためにも、普段から膝関節のケガしないようにトレーニングを行いましょう!

予防になるトレーニングは「殿筋」です。・

殿筋を鍛えることで、膝関節をケガしにくくなります。

また、大腿四頭筋の中の内側広筋内側にある筋肉も鍛えた方がいいです。

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、トレーニングの方法をお伝えします。

また、筋肉トレーニングができる電気もあります!

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日