TEL

院長のひとりごと

屈曲と伸展腰痛

2018.02.27 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

腰痛でお困りの方はたくさんいます。

 

当院に来ている方の中には、曲げただけで痛い方、反ったときに痛みが出る方など様々です。

今回は、腰痛についてお話していきたいと思います。

 

腰痛には、屈曲型と伸展型というものがあります。

 

屈曲型腰痛とは

体幹の筋力低下で、体幹と背筋のバランスが崩れてしまうことにより腰に痛みが起きます。

ハムストリング、臀筋群(主に股関節の伸展筋群)の短縮により、骨盤の前傾が制限されることが原因です。

 

状態としては、椅子に座った状態や、前屈運動時に痛みが出ます。

 

予防として、臀部、ハムストリングの筋緊張緩和やストレッチが有効です。

また、腹筋の強化も必要になっていきます!

 

次に伸展型腰痛です。

これは、腸腰筋、大腿筋膜張筋(主に股関節の屈曲筋)の短縮により、骨盤の過前傾、腰椎の過前傾がみられます。

同じ姿勢が続き立ち上がる際に痛み増強されてしまいます。

 

予防法としては、股関節の屈曲筋の筋緊張緩和やストレッチを行いましょう!

また、屈曲型腰痛同様腹筋の強化が必要になっていきます。

 

ハムストリングや臀筋群の強化をすることもお勧めしています。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院で腰痛を治しましょう!!

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日