TEL

院長のひとりごと

頸椎ヘルニアの治療

2018.05.05 | Category: ヘルニア,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

 

頚椎椎間板ヘルニアの原因の一つとして老化現象による機能の低下が挙げられます。頚椎の間にある椎間板は常に圧力のかかる状態にあるので、組織の中で最も早く老化が起こるとされます。そのため、劣化が進んで外側の膜に亀裂を起こし、中の髄核が飛び出して神経を圧迫し、痛みやしびれなどの症状を引き起こすのです。症状としては肩こり、首痛、背中の痛み、前胸部痛、上肢の痛み、腕のだるさ、手のしびれ、手のむくみ、握力低下、腕の筋肉の萎縮などがあげられます。

 

そのほかの症状としては、頸椎後方にある椎間関節の動きが低下したり変形が生じたりすると、頸の後方部から背中、時には胸の前の方に痛みや凝り、だるさ、違和感等々が生じます。

 

治療法としては、リハビリテーションが治療の中心となってきます。

頸椎牽引、マッサージ、温熱療法、電気療法、針治療、ストレッチ体操、筋力アップ、リラクゼイション等々を適宜組み合わせていきます。

まずは、首に負担のかからないように、牽引などで、骨同士に隙間を開けるようにして痛みの緩和をしています。

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、首の痛みをなくすための塗治療やトレーニング方法をお伝えしています。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日