TEL

Blog記事一覧 > 寝違え,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町 > 朝起きるとつらくないですか?

院長のひとりごと

朝起きるとつらくないですか?

2018.06.04 | Category: 寝違え,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

 

朝起きると突然首が動かなくなっていたり、激しい痛みを生じる『寝違え』。一日もしないうちにすぐ治ってくるものと何日か経ってもなかなか治らないものがあり、この状態がいつまで続くのかと不安になる方もおられるのではないでしょうか?





そこで、今回は寝違える原因や正しい対処法についてお話ししていきます。

 

『寝違え』は『急性疼痛性頸部拘縮』と呼ばれることもあり、頸部周囲のどこかに負荷がかかり、筋肉や靭帯、関節などに炎症を起こしている状態です。





通常、人は寝ている間も寝返りをうつなど定期的に体勢を変えますが、なんらかの理由で寝がえりを打たず長時間同じ姿勢をとっていたり、不自然な恰好になった状態で寝てしまうことで、首の一部に負荷が集中して炎症を起こしてしまいます。

 

1. 無理に動かさない

 

 

寝違えは首の何かしらの組織の炎症です。


炎症を起こしているところを無理に動かしてしまうと、さらに炎症がひどくなり、痛みが増してしまいます。痛みのない範囲でゆっくり動かすのは、問題ありませんが決して無理に動かさないようにしましょう。





また、首を動かさなければよいだろうと思っても、長時間同じ姿勢で作業を続けたり、重い物を持ったりすると首の筋肉や関節に負荷がかかり、炎症が増してしまうので注意が必要です。

 

 

2. 氷で冷やす

 

 

炎症を抑えるために最も効果的なのが、氷で痛い場所を冷やす『アイシング』です。


寝違えたばかりの急性期は、氷を入れたビニル袋を痛い場所にあてて15~20分ほど冷やしては離し、皮膚の感覚が元に戻ったらまた冷やすということをできる限りつづけます。特にじっとしていても首がズキズキと痛む『安静時痛』があるような場合には、温めることはおすすめできません。





寝違えてから数日以上経過し、痛みにともなって首の周りの筋肉が凝ってくるような場合には、ぬるめのお風呂にゆっくりつかって血流を促してみてください。

 

 

3. 腕や肩甲骨の体操をする

 

 

動かさないようにすると言っても、首を全く動かさずに固定してしまっていると、少しずつ首の周りの筋肉の緊張が高くなってきて、余計に動きが悪くなってしまいます。ですから、痛みを感じない程度の適度な運動は少しずつ行っていきましょう。





首を直接動かすことは痛みを出しやすいので、腕を軽く振ったり、肩甲骨を回すようにすると、間接的に首の筋肉が動かされるので炎症が治まってくるとともに、周りの筋肉も緩みやすくなり、寝違えがスムーズに治っていきます。

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、寝違えでお困りの方の治療を行っております。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日