TEL

Blog記事一覧 > 肩こり,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町 > 肩こりには筋肉が関係しています

院長のひとりごと

肩こりには筋肉が関係しています

2018.06.11 | Category: 肩こり,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!
 

今回は肩凝りについてお話し致します。

 

肩こりは、長時間首や背中が緊張するような姿勢をとり続けたり、猫背、前かがみなどの姿勢の悪さ、ショルダーバッグ、冷えなどが原因で頭や腕を支える僧帽筋や、その周辺の筋肉(肩甲挙筋・上後鋸筋・菱形筋群・板状筋・脊柱起立筋)の持続的緊張によって筋肉が硬くなって局所に循環障害が起こり、それによって酸素や栄養分が末端まで届かず、疲労物質が蓄積しこれが刺激となって起こると考えられています。

 

 

重苦しさを放置すると痛みを感じるようになり(「頸部まで痛い」「凝りすぎて背中が痛くて眠れない」)、進行すると緊張性頭痛や顔面・上肢の関連痛が生じるようになってしまいます。

 

たかが肩こりと軽くみていると、お体に様々な不具合が生じてしまいます。

 

肩こり、という自覚症状が出現している時には、上にかいてあるような筋肉を知らず知らずのうちに損傷してしまっていて、結果的に肩こりという症状が出ているという事なのです。

 

特に今の寒い時期には起こりやすい肩こりには当院での猫背矯正、全身矯正による施術が有効です。

たかが肩こりと考えず、葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院に何でもご相談下さい。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日