TEL

院長のひとりごと

膝蓋骨骨折

2018.06.14 | Category: スポーツ障害,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!
 

本日は、膝蓋骨骨折についてお話させていただきます。

 

まずは、膝蓋骨とはいったい何なのでしょうか?

膝蓋骨は、膝の前面に位置する人体最大の種子骨と言われています。

子骨は、筋肉や靭帯の中に形成される骨の事を指します。

他にも足の母趾のところにもあります。

 

では、膝蓋骨は何の筋肉や靭帯の間にあるかご存知でしょうか。

膝関節周りの筋肉や靭帯になるのでイメージは沸きやすいとは思いますが大腿四頭筋や膝蓋靭帯になります。

では、膝蓋骨は大腿四頭筋や膝蓋靭帯の間でどの様な役割をしているかはご存知でしょうか。 

役割としては大きく分けて二つの役割があります。

一つ目の役割は、前方から受ける衝撃から膝関節を守る事です。簡単に言うと盾のよう  な役割です。 

二つ目の役割は、筋肉や靭帯の間に膝蓋骨があることによって筋肉や靭帯がスムーズに動くことができます。これによ

って膝を滑らかに動かすことができます。 

また膝蓋骨が支点となり大腿四頭筋が力を発揮することができます。

二つ目の役割が膝蓋骨の役割の中でとても重要なものになります。

 

膝蓋骨骨折の原因は年齢によって少し異なるところがあります。

年齢が低い子どもだと、骨が成長しっきていないので転んだ際に膝を強打し発生するケースなどがあります。

年齢が少し高くなった青年期になると、部活動や激しい運動によって膝の曲げ伸ばしを繰り返し行うことによって発

するケースがあります。

成人になると、自転車や自動車などによる交通事故などによるハイエナジー損傷によって発生するケースがあります。

高齢者になると骨も脆くなっていくので少しの段差でつまずいて膝をぶつけた際に発生するケースがあります。

 
葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、膝蓋骨骨折をしてしまった後のリハビルを行っております。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日