TEL

院長のひとりごと

膝の痛みに対して

2018.06.25 | Category: 膝痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

 

膝の痛みでお悩みの方はいませんか?

膝関節は、大腿骨、脛骨、膝蓋骨の3つの骨によって関節ができています。

まわりにつく主な筋肉としては、一番大きなものとして、大腿四頭筋があります。

この筋肉は、太ももの前を覆っています。

四頭筋ということなので、4つの筋肉が合わさってできています。

 

大腿直筋、内側広筋、外側広筋、中間広筋になります。

このうち内側広筋がだんだん年齢と共に落ちやすくなる筋肉と言われています。

また、学生の方で膝周りのケガをしてしまった時も落ちやすいです。

 

人の身体として、内側と外側のどちらが強いと思いますか?

外側のほうが強いのです!

立っているときには内側の筋肉が必要になります。

筋肉があれば、まっすぐに立っていられますが、弱くなってしまうとだんだん足が外に開いてきてしまいます。

よってO脚になってしまうのです。

これは、外側が強いため、そっちに筋肉が引っ張られてしまうので起こります。

 

この足のアライメントの異常によって膝に痛みが出てしまうのです。

しっかり大腿四頭筋のトレーニングを行うことが予防や再発防止につながります。

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、膝の痛みに対して、トレーニングの方法や鍼の治療などを行っております。

お気軽にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日