TEL

院長のひとりごと

脛が痛い

2018.06.29 | Category: スポーツ障害,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

 

シンスプリントとは「脛骨過労性骨膜炎」とも呼ばれます。

ジャンプしたり、走ることが多いスポーツをしている人に多く発生し、運動中や運動後に下腿の内側に痛みが出てきます。

このシンスプリントは痛みを我慢しながら運動を続けると、最悪の場合、脛骨の疲労骨折を起こしてしまいます。

疲労骨折を起こさないためにもしっかりと治療をし、日々のケアを怠らないことが大切です。

 

すねの周りには色々な筋肉があります。

この筋肉はすねの骨に直接付いているのではなく、骨を覆っている骨膜という膜に付いています。

ジャンプしたり、走ったりという動きを繰り返すと、その動きをするたびに筋肉が収縮し、筋肉の付着部である骨膜を引っ張ってしまい、炎症が起こって痛みに繋がってしまいます。

つまり、シンスプリントは使い過ぎが原因で起こると言われています。

 

治療として、硬くなってしまったすねの周りの筋肉を継続的に治療を続けていけば痛みは改善されていきます。

しかし、シンスプリントは痛みが治まったからといって油断をしてしまうと再発へと繋がっていきます。

運動中のアライメントや姿勢が悪い、筋肉の柔軟性がないなどが原因になってくるので、運動中のフォームの改善やストレッチを行うなど、痛みが出にくい体にしていくことが大切です。

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、シンスプリントでお悩みの学生みなさんの治療を行っております。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日