TEL

院長のひとりごと

猫背矯正のメリット

2018.07.12 | Category: 猫背矯正,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

 

今日は猫背矯正に関してお話しさせていただきます!

 

姿勢が悪い状態で日常生活を過ごしていると、体に負担をかけて痛みや慢性的な疲労を抱えやすくなります。

では、どのようにして姿勢が悪くなるのでしょうか?

・片脚に体重をかけて長時間立つ癖がある。

・座っている時に脚を組む

・ずっと携帯やパソコンの画面をのぞき込むように見る

などの不良姿勢をとり続けることで、このS字カーブが崩れてしまいます。

猫背などの悪い姿勢はこのS字カーブの崩れによって起こるのです!

 

猫背姿勢でパソコン画面を見ようとすると、顎を突き出します。

すると、首の後ろ側が縮まる一方になります。

首の後ろには様々な自律神経が通っていますから、圧迫を受けて偏頭痛や耳鳴り、かすみ目などの不快な症状が起きます。

また、肩が前に出る「巻き込み肩」の姿勢になり、呼吸が浅くなり、気持ちも滅入ります。本来、肩まわりには、肩を自在に動かすのを支える大胸筋や小胸筋がいろいろな方向に走っていますが、これらの筋肉が固まると猫背がさらに強化されてしまいます。

 

ずっと座りっぱなしという方は多いと思いますが、正しい座り方を意識できている方は少ないのではないでしょうか?

骨盤を立て、お腹をへこませて背中を押すような意識をもつことで、背筋が伸びた姿勢を作ることができます。

・お腹を背骨の方へ凹ませる。

・骨盤を垂直にする。

・顎を引いて首を伸ばす。

座る時も頭のてっぺんから引っ張られているイメージが大切です。

骨盤を垂直にして座るためには、椅子の背もたれをうまく利用しましょう。

 

前かがみの状態が続くと、肩甲骨は開きっぱなし・上がりっぱなしになります。

肩甲骨を動かさないと、動かせる範囲がどんどん狭くなって猫背が治りにくくなりますから、肩甲骨を動かして背筋を伸ばす体操はとても大事です。

①手のひらが上を向くように、後ろで手を軽く伸ばして組む。

②左右の肩甲骨を背骨側に寄せる。

③そのままゆっくりと頭を後ろに倒し、肩甲骨を下げる。

④首を倒してから3秒キープし、ゆっくり戻す。

120回程度が目安です。

 

ストレッチやトレーニングで姿勢を矯正するのはとても効果的です。

しかし、ストレッチやトレーニングをすると、ターゲットになる筋肉以外の部分に力が入ってしまったり、力が逃げてしまったりと十分な効果を得られない場合があります。

自分一人で固まってしまった筋肉をほぐすことができ、体を整えるのを助けるツールがストレッチポールです。

円柱状のポールに乗り、手や足を動かすことで脱力した状態で体の重みを使って体をストレッチすることができます。

この効果は、ストレッチしている時、伸ばしている部分と別の筋肉が緊張してしまうという問題点を回避しながら行うことができます。

 

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院で猫背矯正を受けてみませんか?

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日