TEL

院長のひとりごと

首からの突出

2018.07.14 | Category: ヘルニア,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

 

こんにちは、本日は頚椎ヘルニアについてお伝えしていきます。

 

 

頸椎(首の骨)の椎体と椎体の間にある椎間板(クッション材)の中にある髄核が周囲の組織(線維

 

輪)の中から飛び出してくることを頸椎ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)と言います。その飛び出た髄核が

 

脊椎から出る神経根や脊髄を圧迫している状態の場合、腕や手にシビレなどを生じます。

 

 

主な原因として言われているのは、急激な外部からの衝撃によるものや、加齢による椎間板の変性(硬く

 

なる)によるもの。コンタクトスポーツ(ラグビー、アメフトなど)などによる頸部への繰り返しの衝撃。

 

スマートフォン操作などの長時間の不良姿勢(下向きの姿勢)が挙げられます。

 

 

 

軽度の場合は首の痛みや肩こり、軽い手のしびれなどの症状があります。症状が強くなると、首を反らす様な動きが制限されるようになり、腕や手に痛みが走るようになります。重症化すると手や腕の感覚が無くなったり、筋力低下による、握力の低下、手先の使う作業ができなくなります。場合によっては下半身にも症状が現れ、膀胱直腸障害(尿や便が出にくい、又は頻尿や失禁など)になることもある為、注意が必要です。

 

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、ヘルニアの症状を軽くするための治療を行っています。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日