TEL

院長のひとりごと

目の奥の疲れ

2018.08.03 | Category: 眼精疲労,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

こんにちは。本日は眼精疲労についてお伝えしたいと思います。

□眼精疲労でかただの症状が現れることもある

 ◯軽視は禁物。早めの治療、対策を

「目が疲れる」「目が痛い」といったことは、誰でも日常よく経験します。でも、たいていはしばらくたつと忘れてしまいます。しかし、ときには症状が頑固に続いたり、からだに悪影響が及ぶこともあります。医学的にはこのような状態を「眼精〈がんせい〉疲労」と呼んで、単なる目の疲れである「眼疲労」と区別しています。

 眼精疲労は、何らかの手を打たなければ、仕事や環境が変わるといった生活の変化がない限り、自然には治りません。不快な症状がいつまでも続き、その症状がさらに状態を悪化させることもあります。さらに、背後に目やからだの病気が隠れている可能性も考えられます。ですから「ただの目の疲れ」などと軽く考えず、なるべく早く診察を受け、対策を立てましょう。

 

□眼精疲労のおもな症状

◯目の症状

 目が疲れる、目が痛い、目が重い、しょぼしょぼする、涙がでる。

◯身体の症状

 肩こり、倦怠感、頭痛、めまい、吐き気。

 

このような症状が現れたら、すぐに葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院にご相談ください!

悪化する前の治療が大切になってきます。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日