TEL

院長のひとりごと

肩が凝った

2018.08.25 | Category: 肩こり,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

こんにちは。
本日は「肩こり」について紹介します。

皆さんは「肩がこった」という経験はありますか?
「肩がこった」というのは、簡単に言うと「筋肉が緊張している」状態を指します。
ここでいう緊張とは縮んで固くなった状態をいいます。
筋肉はゴムのようなものなので、伸びたり縮んだりします。
例えば、腕を曲げるとき力こぶといわれている上腕二頭筋が縮むことにより腕を曲げることができます。

では、どうして肩こりが起こるのでしょうか。
主な原因としては
①頭の位置
人間の頭は5~6kgとボーリングの球と同じぐらいの重さがあるといわれています。
この重たい頭を支えるためには、首は前に、背中は後ろに、腰は前にカーブしS字になっていると肩がこりにくいです。
ですがS字カーブが崩れてしまうと首だけの筋肉で支えることになってしまうため、首肩の筋肉が縮む(緊張する)ことにより肩こりが起こります。

②デスクワーク・スマートフォン
最近、デスクワークやスマートフォンの操作が多くなっています。
椅子に座ってパソコン操作をするときの姿勢が崩れたままで1日8時間以上もやり続けたらどうなると思いますか?
当然首や肩疲れて固くなってしまいますよね?
筋肉の伸び縮みが減ってしまうため血流が悪くなり頭痛の原因にもなってしまいます。

このような症状など思い当たる方は一度ご相談ください。
葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、肩こりが今後も気にならないようにするための治療をおこなっています。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日