TEL

院長のひとりごと

鍼について

2018.09.06 | Category: 葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町,

鍼の治療を受けたことはありますか?
今回は、鍼治療についてお話していきたいと思います。

鍼治療とは、鍼と呼ばれる細い針状のものを身体に刺す治療方法のことです。針のようなものを指すというと痛いイメージがあって心配になるかもしれません。しかし、一般的な鍼は0.2ミリ程度のかなり細い、なおかつ弾力のあるタイプとなっていますから痛みは殆どの場合感じません。そのような鍼を刺していくことでどうして効果を得られるのか不思議に思いますよね。

鍼治療は患部やツボに刺すことで身体のバランスを調整し、身体の機能を回復させるための治療方法です。直径が0.12から0.44ミリ、長さ3センチから8センチ程度の極細な鍼を使います。

どこに刺すのか、あるいは患部の状態によるものの、刺した後は鍼を上下や左右に動かす、振動させるために鍼を指で弾く、10分程度そのままにしておくなど施術内容は変わります。このような施術でなぜ治療になるのか不思議に思うかもしれませんが、きちんとした根拠はあります。
患部にあるツボに鍼を刺すことで与えられた刺激が、免疫系や自律神経系に作用するため、効果が現れるのです。さらに血液やリンパの代謝をアップさせることにより、筋肉の緊張がほぐれるだけではなく、患部の痛みの解消をしてくれます。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、神経症状が出ている方、頑固な痛みに対して鍼の治療を行っております。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日