TEL

院長のひとりごと

腰痛は病気から?

2018.09.11 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

腰痛ときくとどんなことを思い浮かべますか?

腰痛が起こる原因についてみていきましょう。
腰痛には
1、筋肉の痛み
2、病気
3、疾患
4、心因性
などがあります。

病気で起こる腰痛についてお話していきたいと思います。

尿路結石とは、腎臓でつくられた小さな石が尿管につまってしまうことで起きる病気で、若い男性に多くみられます。左右どちらかの背中~腰に、深夜や早朝に突然、七転八倒するほど強い痛みが出ます。
坐薬などの強い鎮痛剤を使用しないと痛みが治まらないことも多いですが、いったん治まると何事もなかったように良くなります。

腎盂腎炎とは、腎臓の細菌感染症で、若い女性や高齢の方に多くみられます。 高熱とともに、左右どちらかの背中~腰のドーンと重たいような痛みが出ます。
血液検査や尿検査にて診断し、軽症であれば抗生物質(細菌の増殖を抑える薬)の内服薬で治療しますが、重症の場合には救急病院に連絡をしてください。

急性胃炎や胃十二指腸潰瘍の多くは、みぞおち付近に痛みがあらわれますが、病気の生じた場所によっては背中や体の左横(左側腹部)の痛みとなります。痛みは、食事によって変化することが多く、動作や姿勢とは無関係です。食事直後の痛みなら胃の上部の病気、空腹時の痛みなら胃の下部や十二指腸の病気のことが多いです。
まずは胃酸を抑える薬を使用しますが、改善しない場合や日に日に痛みが強くなってくる場合には、胃癌など他の病気の可能性もあるため、詳しい検査をお勧めします。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、腰痛でお悩みの方のご相談をお待ちしております。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日