TEL

院長のひとりごと

疾患による腰痛

2018.09.19 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

腰痛ときくとどんなことを思い浮かべますか?

腰痛が起こる原因についてみていきましょう。
腰痛には
1、筋肉の痛み
2、病気
3、疾患
4、心因性
などがあります。

今回は、疾患によっておこる腰痛についてお話していきたいと思います。

腰に起こる疾患としては、
・ヘルニア
・分離症
などが代表的です。

ヘルニアとは、椎間板の損傷により髄核が線維輪を破って後方に出てきてしまうことを言います。
腰のほかに首にも起こります。
症状としては、前屈時に腰に痛みを起こします。
SLRテストの際、足を上げていくと腰から足にかけて痺れや痛みを伴います。
椎間板の後方には血管や神経を圧迫するため、痛みやしびれが出やすいです。
若年者よりも高齢者などに多く、加齢による椎間板の変性が原因と言われています。

分離症は、椎体が疲労骨折をしてしまい、ずれてしまうことで神経や血管を圧迫することで痛みやしべれを伴います。
症状には、後屈で症状が出ます。
また、レントゲンを斜めからとることによって診断ができます。
放っておいてしまうとすべり症という症状も合併してしまいます。
10歳代に多くみられ、腰をそる競技やストレッチ不足などが原因とされています。

腰に痛みや違和感を感じたら葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院にご相談ください。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日