TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 腰痛の記事一覧

院長のひとりごと

疾患による腰痛

2018.09.19 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

腰痛ときくとどんなことを思い浮かべますか?

腰痛が起こる原因についてみていきましょう。
腰痛には
1、筋肉の痛み
2、病気
3、疾患
4、心因性
などがあります。

今回は、疾患によっておこる腰痛についてお話していきたいと思います。

腰に起こる疾患としては、
・ヘルニア
・分離症
などが代表的です。

ヘルニアとは、椎間板の損傷により髄核が線維輪を破って後方に出てきてしまうことを言います。
腰のほかに首にも起こります。
症状としては、前屈時に腰に痛みを起こします。
SLRテストの際、足を上げていくと腰から足にかけて痺れや痛みを伴います。
椎間板の後方には血管や神経を圧迫するため、痛みやしびれが出やすいです。
若年者よりも高齢者などに多く、加齢による椎間板の変性が原因と言われています。

分離症は、椎体が疲労骨折をしてしまい、ずれてしまうことで神経や血管を圧迫することで痛みやしべれを伴います。
症状には、後屈で症状が出ます。
また、レントゲンを斜めからとることによって診断ができます。
放っておいてしまうとすべり症という症状も合併してしまいます。
10歳代に多くみられ、腰をそる競技やストレッチ不足などが原因とされています。

腰に痛みや違和感を感じたら葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院にご相談ください。

腰痛は病気から?

2018.09.11 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

腰痛ときくとどんなことを思い浮かべますか?

腰痛が起こる原因についてみていきましょう。
腰痛には
1、筋肉の痛み
2、病気
3、疾患
4、心因性
などがあります。

病気で起こる腰痛についてお話していきたいと思います。

尿路結石とは、腎臓でつくられた小さな石が尿管につまってしまうことで起きる病気で、若い男性に多くみられます。左右どちらかの背中~腰に、深夜や早朝に突然、七転八倒するほど強い痛みが出ます。
坐薬などの強い鎮痛剤を使用しないと痛みが治まらないことも多いですが、いったん治まると何事もなかったように良くなります。

腎盂腎炎とは、腎臓の細菌感染症で、若い女性や高齢の方に多くみられます。 高熱とともに、左右どちらかの背中~腰のドーンと重たいような痛みが出ます。
血液検査や尿検査にて診断し、軽症であれば抗生物質(細菌の増殖を抑える薬)の内服薬で治療しますが、重症の場合には救急病院に連絡をしてください。

急性胃炎や胃十二指腸潰瘍の多くは、みぞおち付近に痛みがあらわれますが、病気の生じた場所によっては背中や体の左横(左側腹部)の痛みとなります。痛みは、食事によって変化することが多く、動作や姿勢とは無関係です。食事直後の痛みなら胃の上部の病気、空腹時の痛みなら胃の下部や十二指腸の病気のことが多いです。
まずは胃酸を抑える薬を使用しますが、改善しない場合や日に日に痛みが強くなってくる場合には、胃癌など他の病気の可能性もあるため、詳しい検査をお勧めします。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、腰痛でお悩みの方のご相談をお待ちしております。

急な、なんか重たい時の対処法

2018.09.07 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

腰の痛みでお困りの方はいませんか?

腰痛は、多くの人が経験する症状ですが、実はそのうちの約85%は原因が特定できないといわれています。
原因が特定できる腰痛の大半は「腰椎」と呼ばれる腰の骨の異常によるものです。
10〜40代の若い年齢層では「椎間板ヘルニア」、50〜70代の中高年層では「腰部脊柱管狭窄症」などがあります。
まずは原因やその対処法を知って、”いつもの痛み”を解消していきましょう!

激痛ではないが、慢性的に腰が「重たい」「だるさを感じる」といった症状には、患部を温めることが効果的です。ゆっくりと入浴して、ストレッチやマッサージ、ツボ刺激など腰に負担をかけない方法で血行を良くし、温めましょう。
また、痛みがひどい場合には、我慢せずに鎮痛薬で痛みを抑えるのも一つの方法です。

急な腰痛で動けなくなってしまったら、腰に負担がかからないように横になります。横になるときは無理をせずに、まずは少しずつゆっくりと動き、できる範囲で一番楽な体勢を取ります。痛みが少し治まってから、ゆっくり身体を横にしていきましょう。
このとき、なるべく腰を回したり動かしたりしないよう気をつけ、腰の筋肉は使わないようにします。できれば、腰の痛む部分を冷やしたり、コルセットやさらしをまいたりすることが効果的です。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、腰痛に対しての治療を行い、今後痛みの出ない身体づくりのお手伝いをしています!

お仕事中の腰痛

2018.08.28 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

皆さんの中で仕事をしている時に腰に痛みや違和感がるという方はいませんか?
腰痛にはさまざまな原因があるといわれていますが多くの人が筋肉からきているものの原因が多数といわれています。
実際に当院に来ている患者様にも腰痛のかたはいらっしゃいますが、筋肉が原因のかたがほとんどです。
では一体どうして腰痛の原因に筋肉が関係しているのでしょうか?

圧倒的に多いのが後者の姿勢不良が原因になるものが多数です。
例えばデスクワークのお仕事をしている方だと座っている姿勢が長時間続きます。
同じ姿勢が長時間続くと首から骨盤にかけてついている脊柱起立筋が常に引っ張られてい
る状態になります。
この状態だと筋肉に流れている血管が圧迫され血液の循環が悪くなります。
循環が悪くなると筋肉に傷が入り筋硬結が引き起こります。
このような筋硬結がいわゆる腰の痛みの原因となります。

腰痛を放置してしまうとヘルニアやギックリ腰などにもなるリスクがあります。
ヘルニアは腰の椎骨の間にある椎間板が変性し、組織の一部が飛び出ることをいいます。
遺伝で引き起こることもありますが、姿勢不良も関係します。
多くは腰の下部に起こることが多いといわれています。

腰に少しでも違和感や痛みを感じているかたがいらっしゃいましたら葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院にお越しください!
原因がなにからきているか見極めた上で一人一人に合った治療を提案いたします。

猫背によって腰の痛みに

2018.08.21 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

猫背とは、簡単に言うと「背骨が丸まって頭が前に出ている状態」です。
よく耳にする言葉ですよね。

頭の重さがどれくらいあるかご存知でしょうか?
頭の重さは体重の1割と言われています。(体重50kgの人で5kg程度)
更に、猫背姿勢によって、頭を傾ける角度が増すにつれ、15度で12kg、30度で18kg、45度で22kgと首への負担が強くなっていきます。
知らず知らずのうちに首に掛かる負担が倍増しているんです。

そうすることにより、首への悪影響はもちろん、肩や腰への影響が出てきてしまいます!

猫背で気になっている方、多いのではないでしょうか?
ここで猫背の原因となる五大生活習慣を紹介します。
①デスクワークでの作業

②悪い座り姿勢

③体力系の作業姿勢やスポーツ姿勢

④スマホ姿勢

⑤一人で考え込みがちな性格

一つでも当てはまる方は、すでに猫背姿勢かもしれません!!
葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院ではの猫背矯正は姿勢分析からセルフケアまでしっかりと、お伝えします。
猫背や姿勢が気になる、猫背で痛みがでる方は当院にお任せください!

まず電話でのご相談を。
予約も取らせていただいていますのでスムーズにご案内できます。

骨盤のゆがみ

2018.08.14 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

骨盤の歪みが気になる・・・という方、骨盤の歪みをチェックしていきましょう。
・急に動き始めると腰が痛い。
・脚を組む時、横座りをするときはいつも同じ方向である。
・パソコンの位置が正面にない。
・身体の中心にお臍がない。
・歩いているとがに股やO脚になる。
・よくつまずく
・片方の靴底だけ早くすり減る
・いつも同じ方ばかりで荷物を持つ。
 
何個当てはまりましたか?当てはまる数が多いほど、骨盤が歪んでいる可能緒性が高いといえます。
 
骨盤の歪みが起こると、身体、美容、女性機能などの様々な悪影響が出ると考えられています。
 
身体の面でいうと、ギックリ腰になる可能性が高くなったり、じっとしていても腰や体が痛い・・・といった事が起こってきます。
 
また、ギックリ腰を何度も繰り返してしまうと、今後の生活の中で腰椎椎間板ヘルニアなどの疾患に発展してしまう可能性も上がってきます。
 
そうなると、デスクワークなどで椅子に座っている時間が長い方では、座っているとお尻周りや足にシビレが出てしまったり、立ち仕事の方では立っているだけでも腰の痛みが辛くなりシビレも出てきてしまいます。
 
そうならないためにも、骨盤の歪みをチェックし整えていく事が重要になります。
 
葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では骨盤の歪みをチェックしたうえでしっかりと治療させていただいています。
 
歪みが気になる、という方はひどくなる前にご連絡ください。

腰が痛む

2018.08.08 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

こんにちは、

本日は腰痛についてお話させて頂きます。

 

1.まず構造についてです。

脊柱を横から見ると、私たちの背骨は柱を立てたような感じではなく、首が前、背中が後ろ、腰が前というようにS字形のカーブを描いています。

もし、これがまっすぐになっていると跳びはねたとき脳に振動が直接伝わって

しまいますが、S字形になっているために、衝撃が吸収されて振動が響きにくく

なっているのです。

さらに脊柱は上半身を支えるだけではなく、曲げたり伸ばしたりひねったり

という動きに対応できるようにしなやかな構造になっています。

 

2.仕組みを見ていくと、一番上にあり、重い頭を支える役目を果たしているのが

頸椎です。頸椎の下に胸椎、その下に腰椎と続いていますが、腰椎は仙骨(骨盤)

の上に乗っています。これらはそれぞれ、7個、12個、5個の椎骨からなっていて、

あいだにクッションのような働きをする軟骨性の椎間板を挟んで

椎骨というブロックを積み重ねた構造になっています。

椎間板があるおかげで、ある程度伸縮性があって曲げたり伸ばしたり脊柱の動きができ、脊柱にかかる衝撃を吸収し、和らげるという役目も果たしてくれているのです。

しかし椎間板は老化が早く、25歳を過ぎる頃から椎間板の中央にある

髄核の水分が減り始め、35歳以降になるとその髄核を取り巻く線維輪という軟骨の

水分も減少して弾力性が落ちてきます。そのためにクッション効果が弱まり

腰椎への衝撃を緩和できなくなって腰痛が起こり易くなるのです。

 

その他に、筋肉の老化によって、状態を支えられなくなる場合や神経からくる痛みが

原因の場合や脊柱(背骨)の中にある脊髄から出ている末梢神経が痛みの原因に

なる場合もあります。

 

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、腰の痛みでお困りの方の治療を行っております。

 

腰の痛みをなくす

2018.07.31 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

    腰痛は、男性では1番目、女性では、肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、その数は年々増加傾向にあります。

腰痛の原因は様々ですが、原因が特定できているものはわずか15%程度と言われています。代表的なものには腰椎に直接障害される圧迫骨折や椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などがあり、その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛を引き起こすこともあります。

ただの筋肉の痛みと判断するのは非常に危険です!しっかりと診断してもらいましょう!

    腰痛は、男性では1番目、女性では、肩こりに次いで2番目に訴えの多い症状で、その数は年々増加傾向にあります。

その中で原因が特定できるものが15%、残りの約85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないと言われています。生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。

こういったものは慢性化しやすいので、早めに病院へ行きましょう!

    腰痛でお困りの方は沢山いると思います。その中でも、腰痛が慢性化してしまっている方がほとんどだと思います。なぜ、慢性化してしまうのでしょうか?慢性の腰痛とは、筋肉の炎症による痛みと神経の痛み、また、心理・社会的要因などが複雑に合わさった状態です。腰痛によって身体を動かさないでいると、それが精神的ストレスとなります。それが続くと、痛みを抑制する脳のシステムが機能しなくなり、神経が過敏になり、更に腰痛を感じるようになってしまいます。諦めずに早めに医療機関に相談し、適切に対処することが必要です。

    腰痛で悩んでる方は多くいます。腰痛の原因になってしまういくつかのものをピックアップしていきたいと思います。

姿勢の悪さや長時間の同一姿勢が一つあります。前かがみや直立した姿勢が多かったり、長時間のパソコン作業などが多いと腰痛に繋がります。

更に激しいスポーツや肉体労働などで筋肉を酷使した過度の運動も大きな原因です。

運動不足や加齢などによる筋肉の衰えもあります。

腰は、身体の中心にあり、痛みが出ると日常動作や仕事に影響が出てしまします。

早期に治療しましょう!!

    腰痛でお困りの方は多いのではないでしょうか?

特に以下の項目に当てはまる方は注意してください。

・先天的に骨組みに異常がある

・椎間板ヘルニアの人

・華奢な人

・筋肉のバランスの悪い人

・座りっぱなし立ちっぱなしなど仕事上長く同じ姿勢を続けている人

・腰に負担の多い労働をする人

1つでもチェックが付く方は、要注意です!!

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、このように腰の痛みでお悩みの方の治療を行っております!

ぎっくり腰に気つけてください

2018.07.17 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

 

みなさんこんにちは!

 

今回はぎっくり腰についてお話ししたいと思います!

 

1.ぎっくり腰とは?

 

ぎっくり腰とは不意に「ギクッ」と音がしたかのように腰に痛みが走り動けなくなるものを指します。

 

正式名称は「急性腰痛症」といい、突然腰部に疼痛が走る疾患で、関節の捻挫・筋肉の損傷・筋膜性炎症などの症状をいいます。

 

欧米ではその病態から「魔女の一撃」とも呼ばれています。

 

重度になるとその場で立てなくなったり、寝返りができなくなったりするレベルです。

 

 

 

2.重いものを持ち上げようとした時のぎっくり腰

 

重いものをもちあげようとすると腰に大きな負担がかかります。

 

持ち上げる動作では、手を介しての物体の重量と足を介しての立ち上がる力が腰で交差します。

 

この交差する際に生じる力をトルクと呼び、ぎっくり腰が起こる原因となります。

 

重いものを持ち上げる際には、腰を曲げて手だけで持ち上げるよりも、腰を曲げずに膝を使い下半身に力を入れて持ち上げたほうが腰への負担が減り、ぎっくり腰になりづらいですよ!

 

 

 

3.軽いものを取ろうとした時になるぎっくり腰

 

重いものを取るときにぎっくり腰になるのはポピュラーな理由です。

 

しかし、軽いものを取ろうとした時でもぎっくり腰は起きるのです。

 

例えば、リモコンのような軽いものでも、手を伸ばして取るときは自分の体を支えないといけません。

 

すると自分の体重を支えるのにかなりの負担がかかります。

 

体重60㎏の人の場合、上半身の体重は42㎏です。

 

手を伸ばしてリモコンを取る場合その42㎏を支えるのが負荷になり、その負荷によって筋肉を損傷したり、関節に炎症が起きたりするのです。

 

 

 

4.長時間の座りっぱなし、無理な姿勢での立ちっぱなしによるぎっくり腰

 

この2つは長時間同じ姿勢を取った後の動き始めにぎっくり腰になるというものです。

 

長時間デスクワークをした後で腰を伸ばしづらかった経験はありますか?

 

背中が丸まっている猫背の姿勢や、反り腰の姿勢で長時間座り続けていると筋肉が固まり、柔軟性が失われ、関節のスムーズな動きを妨げます。

 

この時、不意に急な動きをするとぎっくり腰になる場合があります。

 

 

 

5.ぎっくり腰と間違われやすい内臓疾患

 

ぎっくり腰の原因が他のさまざまな病気の場合もあります。

 

腎臓や尿管にたまる結石は激しい腰痛の原因になります。

 

結石が原因でぎっくり腰と間違われやすいのは突発的な激痛を伴うからです。

 

結石からの腰痛とぎっくり腰との違いは、結石による内臓疾患は、尿管と石の摩擦で生じる痛みなので、腰をとんとん叩くと石と尿管がこすれて痛みが強くなります。

 

ところが、ぎっくり腰は腰を叩いても内臓疾患の場合ほど激痛は走らないのです。

 

また、安静にしていても痛みが楽にならなければぎっくり腰ではなく尿管結石の可能性が高いといえます。

 

 

 

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、

ぎっくり腰に対して、鍼の治療を行っています。

鍼治療が苦手な方は、鍼に似た電気の治療もさせていただいております。

一日どのくらい座りますか?

2018.07.10 | Category: 腰痛,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

こんにちは。
みなさんは一日のうちどのくらい座っていますか?
本日は「長時間座り姿勢をしていて腰が痛くなってくる原因」についてお話ししていきたいと思います!
みなさんは長時間車に乗っていたり長時間椅子に座っていて腰が痛くなる、重だるくなるなどの経験をしたことはありますか?
そんな時少し立って動けば、よくなると思いますが、またもとに戻ってしまいますよね?
それは姿勢を保つことができずに、骨盤が後傾といって後ろに倒れてしまいます。
その結果腰の周りの筋肉が引っ張られてしまい、痛みが出てきてしまうのです。
そうならないためにも、日ごろの運動が必要です!
長い時間座ったしまったときは、立って運動をしましょう。
長時間座っていることで血流が悪くなってしまっています。立って動かすことによって、血流がよくなるため、痛みの改善につながります。
また、腰の痛みだけでなく長時間座っていると、ふくらはぎのむくみにもつながるので、座った状態で、かかと上げをするとむくみ予防になります!
もしみなさんの中で改善していきたい、仕事が車をよく使うから良くしていきたいとお考えの方はぜひ葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院まで!
 

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日