TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 葛飾区金町の記事一覧

院長のひとりごと

首の痛みの原因

2019.01.08 | Category: 葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町,首の痛み 

みなさんこんにちは!
本日は「首痛」についてお話していきたいと思います。

首の痛みはおよそ7割の人が一生に一度は経験すると言われるほどよく見られる症状です。頭の重さは
5〜6キロあると言われていますが、それを支えながら、上下左右に動かしたり、回転させたりと、複雑な動きをコントールする首の骨には大きな負担がかかっています。

首痛になる大きな原因とは主に3つあります。まず1つ目は筋肉痛。運動後や慣れない仕事などを
した後に生じる痛みとしては一番考えやすいものです。次に2つ目として関節痛。頚椎(首の骨)は
7つあり、その繋ぎ目に関節が存在します。その関節からの痛み(寝違えなど)が考えられます。そして
3つ目は腰と同じように骨と骨の間にある椎間板の影響による痛み(頚椎ヘルニアなど)が考えられます。

同じ姿勢で長時間のデスクワーク(パソコンなど)をすることで、首や肩の周辺の筋肉に緊張が続き、
コリの症状が生じます。またはパソコンやスマートフォンなどによる長時間の目の酷使や、メガネの度が
合っていないことによる慢性的な目の緊張や疲労による眼精疲労。その他、運動不足による血行不良や、
ストレスによる緊張、寒さによる緊張などが考えられます。

・車などの衝突事故やスポーツなどの激しい衝突によるむち打ち症。
・加齢とともに首の骨と骨の間の椎間板が柔軟性が低下し、変形することにより、脊髄神経を圧迫して刺激する変形性の頚椎症。
・亀裂の入った椎間板の中から椎間板の一部が飛び出し神経を圧迫する頚椎椎間板ヘルニアなどが挙げられます。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院で痛みが出ないようにしていきませんか?

肩こりが出ないようにするためには?

2019.01.07 | Category: 肩こり,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

皆さんこんにちは。
本日は肩こりについてお話ししたいと思います。
肩こりは勉強や仕事、家事などの疲れでよく起こる症状のため軽く考えてしまいがちです。
しかし原因によっては注意が必要な場合もあります。

肩こりが症状として現れる病気
肩こりの中には、病気が原因となって起こっているものもあります。

『頚肩腕症候群』
同じ作業を繰り返すなど、肩から手の指までの体の特定の部位を動かし続けることで発症するといわれています。
症状は動かす部位によって異なり、肩こりのほかにも肘や腕、手の関節、手の指の痛み・だるさが現れる場合もあります。

『肩関節周囲炎』
一般的に「四十肩」や「五十肩」といわれているものです。
肩の関節を構成する骨や靭帯、腱などが老化し、炎症が起きることで発症すると考えられています。
肩関節周囲炎を発症すると、主に肩こり、肩関節を動かすと痛む、肩関節の動きが狭くなるなどの症状が現れますが、多くの場合では徐々に自然と症状が軽くなっていくといわれています。

『頚椎症』
加齢などによって頸椎や、頸椎の骨と骨の間にある椎間板が変形し、首や肩などの痛みが現れる病気のことをいいます。
頸椎や椎間板の変形は誰にでも起こるもので、変形しただけでは必ずしも症状が現れるわけではありません。
変形が引き金となって頸椎の近くの脊髄や神経根が圧迫を受けると、主に首や肩、腕の痛み、手足のしびれ、手が動かしにくくなる、つまずきやすくなるなどの症状がみられるようになります。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院で痛みがないようにしていきませんか?

いつも読んでいただきありがとうございます。

2018.12.31 | Category: 葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

いつもこのブログを読んでいただきありがとうございます。

みなさんに、当院で行っている施術や矯正の治療などをお伝えしたくこのブログを書いております。
また、肩が痛い、腰が痛いなどあると思います。
なぜ自分はそこが痛いのか、どうしたら対処できるのかを知っていただきたいという気持ちもあります。

スポーツをやっているお子さんを持つ親御さん方にスポーツ外傷について知ってほしいという願いもあります。

たくさんの方に読んで読んでほしい、知ってほしいという気持ちが強くたまには強く出てしまうこともあります。

ここに書いてあることを実践していただいて、それでもよくならない、また痛くなったらどうしよう、しっかり予防したい!
という気持ちになったら、当院にご連絡していただければと思います。

すぐ近くに、頼れる院であるために、日々勉強しております。

ご来院された際に一言「ブログを見た」と伝えていただければ幸いです。

役に立つ、わかりやすいブログを書いていけるようにこれからも頑張ります。

来年もよろしくお願いいたします。

平成30年12月31日

肩こりの方必見

2018.12.30 | Category: 肩こり,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

肩こりでお悩みの方必見

肩こりでお悩みの方は、肩の筋肉のバランスが悪いかもしれません。
まずは筋肉を鍛えてみませんか?

肩のインナーマッスルを鍛えます。

肩こりの原因は首や肩に負担がかかり、筋肉が疲労したり、緊張状態にあることが肩こりの原因と言われています。
肩の筋肉を鍛えれば、首や肩への負担に耐えられるようになり、肩こりになりにくい身体をつくることができます!

肩の強化、柔軟性の向上に有効なエクササイズをお伝えします。
トレーニングチュウーブを使います。
ない場合は、バスタオルでも大丈夫です!

1.両手でチューブを持ちます。
2.幅を保ったまま、脚の付け根からお尻につくようにあたるように頭の上を通すように行います。
3.次に幅を短くして持ち、頭の上に挙げます。
4.身体はそのままで、腕だけ左右に動かしていきます。
5.これをトレーニングの前後に10回を2セット行いましょう。

座った状態で行う場合は
1.肘をわきに付け、小さな前ならえをします。
2.掌を上に向けます。
3.脇から肘を離さないように腕を広げていきます。
4.ゆっくり戻します。
5.10回2セット行います。

どちらのトレーニングも、ゆっくり行いましょう。
また、呼吸を止めないようにしましょう。

インナーマッスルを鍛えることは、肩を支える筋肉を鍛えることになります。
今までかかっていた首・肩の負担を軽減させることができます。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院で、根本から治しませんか?

テニスだけで起こるわけではありません

2018.12.29 | Category: スポーツ障害,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

上腕骨外側上顆炎とは、肘の外側に痛みが現れる疾患で、スポーツのなかではテニスに関連する疾患であることから、「テニス肘」と呼ばれることもあります。ものを持ち上げたり、手をひねったりする動作を繰り返すことを原因として発症します。

上腕骨外側上顆炎を発症すると、痛みの影響から日常生活動作に悪影響が生じることがあります。
上腕骨外側上顆炎の治療は、局所の安静を図ったり、ストレッチを行ったりする保存的療法が中心になります。しかし症状の進行が強い場合には、手術療法が選択されることもあります。

肘の外側には手首を反らすときに使う筋肉として、長橈側手根伸筋と短橈側手根伸筋、総指伸筋という3つの筋肉があります。

これらの筋肉が引っ張られることによって起こる慢性的な障害がテニス肘です。テニスのバックハンドのときにこれらの筋肉を使うため、テニス選手に多く発症したことからテニス肘と呼ばれるようになりました。しかし実際には、中年以降の主婦の方に多く起こる障害で、テニスをしたこともないという方も少なくありません。一般的には、加齢とともに腱が痛んで起こるとされていますが、原因についてはまだ十分にわかっていないのが現状です。
痛みは非常に限られた範囲で限局的に起こります。手首を反らしたり、雑巾をしぼったり、重いものを持ったり、指を伸ばしたりしたときに痛みが現れ、安静時には現れません。

①手関節伸展テスト(Thomsenテスト)
肘を伸ばした状態で患者さんに手首を反らしてもらいます。医師は患者さんが反らした手首に抵抗を加えます。このときに肘の外側に痛みを感じるようであればテニス肘と診断されます。
②Chairテスト
肘を伸ばした状態のまま患者さんに椅子を持ち上げてもらいます。このときに肘の外側に痛みを感じるようであればテニス肘と診断されます。
③中指伸展テスト
肘を伸ばしたままの状態で、医師が患者さんの中指に抵抗を加えます。患者さんには指全体を伸展してもらいますが、このときに肘の外側に痛みを感じるようであればテニス肘と診断されます。

肘に痛みがあり、日常生活に支障が出る場合は、葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院にお越しください。

賠償金の種類

2018.12.03 | Category: 交通事故治療,未分類,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは!

損害賠償金における慰謝料金額には3つの基準があります。
これものちのち詳しく説明していきますが、交通事故における損害賠償請求を行う場合、慰謝料には『自賠責基準』、『任意保険基準』、『弁護士基準』の3つの基準があります。
自賠責基準(自賠責保険による最低限の慰謝料基準)
弁護士基準(裁判所の判例を基にした最高額の基準)
一般的に弁護士基準では、自賠責基準に比べるとかなり高額な慰謝料を請求することが出来ます。(平均すると2〜4倍ほど)。しかし、裁判所の判例を扱うため、弁護士などの専門的な知識を持った方でないと、この基準で請求することは難しくなります。

したがって、そのまま弁護士基準といった名前で呼ばれることが多くなっています。弁護士基準で請求した場合、どれくらいの増額になるのかについては以下の記事をご確認ください。
交通事故の慰謝料相場、弁護士基準で計算して増額請求する手順
損害賠償金として支払われるお金は4種類
交通事故の損害賠償はおおまかに4つに分類されています。
積極障害 消極障害 慰謝料 物的損害

積極損害(せっきょくそんがい)とは、交通事故による怪我で病院での治療や入院をした際や、交通事故が原因で出費を余儀なくされた場合に発生した損害のことです。主に治療費や通院交通費、被害者が死んでしまった場合の葬祭費用などが挙げられます。
積極損害に該当される主な費用
診察費 治療費 リハビリ費用 手術費用 入通院費用 付添介護料
通院、通勤交通費 葬儀費用 針灸・マッサージ費用 義足や車椅子購入費 など
基本的に積極損害として請求できるものは決まっています。ですが、具体的に何が請求できて、何が請求できないのかは弁護士などの専門家でなければわからないことも多くあります。その判断は弁護士に任せ、領収書などは全て取っておくとよいでしょう。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院で交通事故の治療を行いませんか?

鍼灸はどうですか?

2018.12.01 | Category: 葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町,鍼灸治療

鍼灸治療とは、鍼(はり)とお灸(きゅう)を使用して様々な症状に対し、身体に適切な刺激を入れることで改善を促す治療法です。
刺激することで、本来持っている自己治癒力を高めます。
また、鍼とお灸はとても相性が良く、同時に施術することが可能です。
鍼とお灸、それぞれの特徴を活かし組み合わせることにより最大の効果を引き出しています。

鍼灸は身体に分布する感覚神経を刺激し、中枢神経(脳、脳幹、脊髄)を介して作用すると考えられています。
 鍼を例に挙げると、鍼は体表の主に細い感覚神経を刺激し、中枢神経内に天然のモルヒネ(痛み止め)のような物質を放出させ、痛みを抑制する機構を活発にし、脊髄レベルで痛みを伝える神経の興奮をブロックします。また、同時に鍼刺激は体表の太い感覚神経をも刺激し、脊髄で痛みを反射性にブロックする機構を作動させます。これは、体の一部をどこかにぶつけた際に、その部位をさすると痛みが和らぐのと同じことです。いずれにしても鍼の鎮痛効果は、中枢からの抑制系と脊髄の抑制系の2重で痛みをブロックしますので、大変よく効きます。また、筋肉の深さまで鍼を刺すと、神経刺激を介して血行を改善させ、痛みの原因となっている発痛物質を洗い流してくれます。
 通常、激しい痛みがある場合、交感神経系は過剰に緊張し、末梢の血管を強く収縮させます。同時に、運動神経系も興奮させますので、筋肉は硬くなり、血管を圧迫して、血行を悪化させます。そうなると、発痛物質などの代謝産物が一層溜まり、さらに痛みを増強させることになります。これが、いわゆる「痛みの悪循環」と呼ばれる現象です。鍼は、この悪循環を断ち切ります。すなわち鍼刺激により内在性の鎮痛系を活発にさせると共に、筋緊張を緩め、血行を増加させます。

今すぐ取りたい痛みには、葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院にお任せください。

インナーマッスルを鍛える

2018.11.30 | Category: EMS,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

皆さんは、運動不足と感じたことは無いですか?
筋肉は運動をしなければ、自然と減ってしまいます!
そして、姿勢の悪さや日常のクセで筋肉が硬くなり血行障害を起こし、コリや痛みを引き起こします。
このような筋肉の問題にEMSです!筋肉(インナーマッスル)を増加させることにより、悪かった姿勢の改善、日常生活でのクセによる身体への負担の軽減が期待できます!それにより、身体の不調が改善します!筋肉は身体にとって非常に重要な働きをしているのです!!
ENSってご存知でしょうか?Electrical Muscle Stimulation(電気腹筋刺激)の略です。筋肉に能動的に電気信号を送って運動させる機械になります。元々は、病院で医療機器として使われていて、怪我や病気などで手術して筋肉が弱まったときに、その筋肉を早く回復させるために、リハビリとして使われていました。普通に筋肉を使うときは脳から信号を送って筋肉を動かすのですが、ENSを使うことで外部から電気刺激を送ることにより、脳から信号を受けなくても、筋肉が動き、鍛えられるのです。
筋肉の衰えは身体にいろいろな悪影響を引き起こします!
筋肉にはいろいろな役割があるのです。
・身体を動かす
・体温の維持、調整
・身体を壁として支え、姿勢を維持
・血液や体液を循環させるポンプ
このような働きが崩れてしまうと、腰痛や膝の痛みなど、日常生活にも障害を及ぼしてしまします。
その問題を解決するのがEMSです!寝ているだけで筋肉(インナーマッスル)を鍛え、いろいろな問題を解決できます!!
女性は多くの方がダイエットに取り組まれていますが、ダイエットメニューに筋トレを入れている人は少ないように思います。ですが、筋トレダイエットは女性にこそ効果のあるダイエット方法なのです。もともと筋肉があまり発達していないので、筋トレすることで、筋肉がすぐに発達しやすいのです。男性は運動をほとんどしない人でも、女性に比べたら筋トレを少なからずしている人が多いです。女性で運動をしない人はほとんど筋トレをしていないはずです。女性が筋トレを開始すると驚くほど早くダイエット効果が現れるのです。
腰痛でお困りの方は多いと思います。
痛みが出る原因の1つとして、インナーマッスル(筋力)の低下です。インナーマッスルは姿勢維持に非常に重要な筋肉です。日常生活で悪い姿勢が続くと、身体に負担が掛かり痛みが出てしまいます。デスクワークでの長時間の同一姿勢、中腰位が多いお仕事が多いと腰の痛みを訴える方が増えています。運動する機会も減り、筋力が低下している方が多いのが現状です。そのような問題を解決するのがEMSです!寝ているだけでインナーマッスルを鍛え、腰痛予防も出来る!インナーマッスルに意識してみると身体が変わります!

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院でトレーニングをしませんか?

眼からくる首の痛み

2018.11.29 | Category: 葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町,首の痛み 

みなさんこんにちは!

普段から、パソコンを使ったお仕事をしていませんか?
首の負担は、普段の姿勢からくることが多いといわれています。
そして、姿勢からでなく、眼からくることも分かってきました。

今回は、「首の痛みの原因となるものの疲れ目」についてお話ししていきたいと思います。

疲れ目とは長時間パソコンや車の運転、読書など集中して目を使った時に痛みや重く感じるようになったり、ひどくなると頭痛や肩凝りへと症状が進行していきます。

そんな場合は目の周りの筋肉が目を使ったことで硬くなってしまっているので目の周りの筋肉をほぐしてあげることで症状が軽快します。

例えばまぶたを強くつぶったり開いたりすること、目玉を動かすことをやっていくと目の周りの筋肉がほぐれてくれます。

また温アイマスクなどを寝る時につけてことで目の血流を良くなるこれも疲れ目には有効です。

仕事などでパソコンを使う方や長時間車を運転する方は1時間くらいに一回目を動かしたりしていきなるべく目を疲れさせないようにケアをしていきましょう。

葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院では、首の痛みをとるために、手技や梁の治療ができます。
まずは、お身体を診て、どういう状態なのかをお伝えして治療を行っていきます。

肩の凝り

2018.11.28 | Category: 肩こり,葛飾区東金町,葛飾区水元,葛飾区金町

みなさんこんにちは。

本日は肩こりについてお話します。

みなさんここ最近肩に痛みが出ることはありませんか。

長時間のデスクワークや座りっぱなし、姿勢が悪いことで肩がこってくることがあります。

眼精疲労でも肩こりに繋がるケースがあります。
パソコンの画面の見過ぎ、最近ではスマートフォンが普及してきて簡単に調べ物ができるようになり、なんでも検索できるため思わず見過ぎてしまうこともあるかと思います。

肩がこると脳に送る血液の流れが悪くなり、頭痛が出たりめまいや吐き気に繋がることもあります。

肩こりがひどくなると、肩関節周囲炎(四十肩、五十肩)になることがあります。
肩関節とその周辺の筋肉が慢性的な炎症を起こし、腕を上げたり下ろしたりする際に激痛が生じます。
肩の痛みは程度によりますが、6ヶ月〜1年程続きます。
回復をはやめるためには適度な肩関節の運動をすることです。

肩こりに対して日常生活的に予防をしっかりしていきましょう。
まずは身体を動かして血行を良くすることです。
ウォーキングやサイクリング、ストレッチやラジオ体操がおススメです。

次に肩や首を冷やさないこと。
夏のエアコンによる冷やしすぎや、冬の寒さに身を縮める筋肉の緊張は肩こりの原因です。
冷気はなるべく避けて、蒸しタオルやカイロなどで首、肩周りを温めるようにしましょう。
お風呂に浸かることも効果的です。
夏場は暑いからといってお風呂を避けたり、冬場は汗をかいていないからといってお風呂を避けていると、身体の疲れは取れず血行も悪くなって肩こりの原因になります。

しっかりとお風呂に入ったり、毎日適度な運動をするようにして肩のこらない身体作りをしましょう。

それでも痛みが取れない方!
葛飾区水元、東水元、金町にある、水元鍼灸院接骨院におこしくださ。

当院へのアクセス情報

所在地〒125-0032 東京都葛飾区水元3-4-6
駐車場4台あり
予約お電話でのご予約が可能です。
電話番号03-5876-6222
休診日日曜・祝日